TOP > 公益活動について

私たちの「ミッション」それは、公益弁護士の拠点づくり。

 公益活動とは、産業廃棄物や土壌汚染をはじめとした各種環境問題の被害救済や、裁判員裁判などの法制度改革といった公共の利益を守るための活動全般です。「あすなろ法律事務所」では「日本環境法律家連盟」の大阪支部を事務所内に設置している他、所属メンバーが環境問題・裁判員制度・取り調べの可視化・法教育などに積極的に取り組んでいます。私たちの「ミッション=使命」は、そうした社会貢献への強い志を持った公益弁護士が集い、成長するための拠点づくりを進めることにあります。

日本環境法律家連盟 大阪支部
 当事務所の弁護士池田直樹が理事を務める、「日本環境法律家連盟」は、「環境問題は社会問題である」という考えのもと1999年に発足しました。法的視点から国内外のさまざまな環境事件に総合的に取り組んでいます。その大阪支部が当事務所内に設置されています。
日本環境法律家連盟 ホームページはこちら
知識・経験豊富な弁護士陣
 取扱分野は環境問題にとどまりません。C型肝炎訴訟、取り調べの可視化などの法改革、裁判員制度、子どもの権利に関する問題の解決・改善、そして子どもたちへの法教育など、所属弁護士がそれぞれの得意分野を大いに活かした活動を行っています。
所属弁護士のプロフィールはこちら
東アジア諸国の環境問題まで
 急速な経済成長を遂げた中国をはじめ、東アジアの多くの国々でも環境問題が注目を集めています。そこで私たちは主に日本環境法律家連盟を窓口に、東アジア諸国の法律家団体・環境団体などと連携し、現地での環境問題へも積極的な取り組みを進めています。
さまざまな団体・協会への協力
 アジア協会・アジア友の会、日本災害救済ボランティアネットワークなどの非営利活動や、有限会社ビッグイシュー日本への協賛など、社会的活動へも積極的に協力しています。法律家として、新たな価値の創造、社会貢献とは何かを常に見つめ続けてまいります。

ページTOPへ