TOP > 主な取扱分野 > 不動産関連案件

主な取扱分野

不動産関連案件

貴重な資産への適切なアドバイス

企業経営にとって不動産は人材、資金と並び経営の根幹となる資源です。しかし、一方では、賃貸借の問題、境界問題、売買、税金等、法的問題の発生し易い領域といえるでしょう。しかも、その金銭的価値は大きく、対応を誤ると、貴社の経営問題に直結する事態となりかねません。そこで、我々弁護士の出番です。不動産を「取扱分野」として挙げる弁護士は数多いですが、実際に不動産取引、開発手続きや建築の基礎的知識等のノウハウが蓄積されている法律事務所はそれほど多くありません。当事務所においては、過去に様々な不動産事件を扱っており、ノウハウを蓄積しております。 不動産会社での長い勤務歴のある弁護士、宅地建物取引主任者資格、マンション管理士資格を有している弁護士もおり、法律問題の解決のみならず、ご所有不動産の有効活用策等もふくめ、不動産の専門家としての的確なアドバイスが可能です。不動産分譲、賃貸、建築等を業とする企業様に対しても、単なる法的アドバイスだけで終わらない有益なご提案のできる経験と専門的知識があります。

個人のご相談もお気軽に

個人のお客様にとりましても、土地、家屋、マンション等の不動産は一生に一度の買い物です。ご購入された不動産にトラブルが生じたときの的確迅速な対応の必要性は、法人に劣らないものと思われます。当事務所は、法人、個人のいずれかに特化してご依頼をお受けしているわけではありません。個人のお客様も、お気兼ねなくご相談ください。

【過去手がけさせていただいた事件】

  • 途中で工事を放棄した建築会社に対する損害賠償
  • 請負代金を支払わない業者に対する訴訟
  • 不良工事を行ったゼネコンとの交渉

ページTOPへ