TOP > 主な取扱分野 > 外国人の民事・家事事件

主な取扱分野

外国人の民事・家事事件

多彩なラインナップで課題を解決

日本で生活、あるいは働いている外国人の方が当事者となっている労働事件(不当解雇事件、未払賃金請求事件、労災申請事件など)、家事事件(離婚事件、親権者指定に関する事件、子の養育・監護に関する事件、相続事件など)、損害賠償請求事件(交通事故事件、その他のトラブルに関連する事件)をはじめとした、様々な種類の民事・家事事件を取り扱っております。また、外国人と結婚している日本人の方の離婚や親権者の指定、子の養育・監護に関するご相談もお受けしております。

英語でのご相談もスムーズ

米国への留学経験があり米国の弁護士資格を有する弁護士が、これらの事件を専門的に取り扱っており、外国人の方のご相談には英語で対応させていただきます。まずはメールあるいは電話にてお気軽にご連絡ください。ご連絡をいただいた後、面談日時を設定し、ご相談をお聞きします。
(お問い合わせ窓口はこちら。担当:弁護士 原 正和)

豊富な渉外案件を担当

当事務所の弁護士池田直樹は、デトロイトの大手法律事務所での勤務経験を有し、過去にアメリカ海軍を相手取った「えひめ丸被害者」の2家族代理人や、T国依頼による調停「国王肖像侵害問題」でT国の代理人を務めるなど、日本以外の国と深く関わる案件を多く担当してきました。

日本国内の法律知識だけではなく、それぞれの国の法制度や文化などにも鋭い洞察力を発揮し、高いご満足をいただいております。

ページTOPへ