TOP > 弁護士のご紹介 > 原 正和

弁護士(代表社員) 原 正和

弁護士としてのモットーは、いかなる事件であっても、依頼者の方のお話に真摯に耳を傾け、その思いやご要望を的確に掴み、軽いフットワークと熱意をもって事件に取り組むことです。

現在では、中国は地球環境のみならず、世界経済を考えるうえでも、非常に重要な存在になっています。中国の法律事務所で研修した経験を生かし、日中間の人の交流と物・サービスの取引に関わる様々な問題、そして中国をはじめとする東アジア諸国の環境問題にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

また、大学時代にラグビー部に所属していたこともあり、スポーツに関連する法的問題についても関心を持っています。日本のスポーツ法分野はまだまだ未開拓・未発展の部分が多く存在する領域ですので、スポーツ法分野においてもこれから積極的に活動していきたいと考えています。

環境問題に取り組むことは私のライフワークです。もともと弁護士を目指したきっかけも、法律の専門家として環境問題に関わっていきたいと強く思ったからでした。特に地球温暖化問題については、アメリカ留学で学び経験したことを生かしながら、弁護士として積極的に取り組んでいこうと考えています。

経歴

  • 1995年 洛星高校卒業
  • 2000年 京都大学法学部卒業
  • 2002年 弁護士登録(55期)
  • 2008年5月 デューク大学ロースクールLLM課程修了(米国ノースカロライナ州)
  • 2008年8月~2009年6月 アースジャスティス(Earthjustice 米国の環境法律事務所)の
    オークランド・オフィスにて研修
  • 2008年11月 ニューヨーク州司法試験合格
  • 2009年4月 ニューヨーク州弁護士登録
  • 2009年7月~9月 広東省広州市の法律事務所(広東信利盛達律師事務所)にて研修
  • 2009年9月 山東省済南市の法律事務所(众成仁和律師集団(済南)事務所)にて研修
  • 2009年10月 当事務所復帰

所属・活動

  • 大阪弁護士会・公害環境委員会
  • 日本環境法律家連盟(JELF)
  • 渉外実務研究会
  • スポーツ問題研究会
  • 悪徳探偵・興信所問題研究会
  • くずはロータリークラブ
  • 2006年度大阪市マンション管理支援機構常任理事

主な取扱分野

  • 契約法務(英文契約書、中文契約書を含む)
  • 渉外民事・家事事件
  • 会社破産事件、民事再生事件、債務整理事件
  • 環境事件、国際環境事件(地球温暖化問題、越境廃棄物問題など)
  • インターネット上の取引・紛争に関する事件
  • スポーツ関連事件
  • 相続事件、離婚事件、交通事故事件、その他一般民事・家事事件

過去の実績

  • ビジネスホテル民事再生申立事件
  • ゴルフ場会社更生申立事件(整理回収機構協力弁護士として)
  • 在日外国人が関係する民事事件、労働事件、家事事件、刑事事件
  • 化学物質過敏症損害賠償請求事件

ページTOPへ